Windowsのまほろば接続設定
(インターネット接続ウィザード IE5.0)


Windows

1 インターネットセットアップウィザードの設定方法

  1. デスクトップ上の「Internet Explorer」アイコンをダブルクリックしますと、インターネット接続ウィザードが起動
    ※「インターネットに接続」アイコンは、初めて設定する場合のみデスクトップに存在します。再設定する場合は、「スタート」ボタン→「プログラム」→「アクセサリ」→「通信」→「インターネット接続ウィザード」から起動できます。
    「次へ」をクリック


  2. 「インターネット接続ウィザード」ダイアログ

    「インターネット接続を手動で設定するか、またはローカル エリア ネットワーク(LAN)を使って接続します(M)」を選択

    「次へ」をクリック



  3. 「インターネット接続の設定」ダイアログ
    「電話回線とモデムを使ってインターネットに接続します(P)」を選択

    「次へ」をクリック


  4. 「モデムの選択」ダイアログ

    お使いのモデム、TAを選択します。ISDNの場合は、TAを選択して下さい。


  5. 「ステップ 1: インターネット アカウントの接続情報」ダイアログ

    ・「市外局番(A):」
    まほろばアクセスポイントの市外局番を入力
    ・「電話番号(T):」
    まほろばアクセスポイントの電話番号を入力
    ・「国/地域名と国番号(C):」
    「日本 (81)」を選択
    ・「国番号と市外局番を使ってダイヤルする(D)」にチェック

    「詳細設定(V)...」をクリック





  6. 「詳細接続プロパティ」ダイアログの「接続」タブ

    ・「接続の種類」の枠内
    「PPP (Point to Point プロトコル)(P)」を選択
    ・「ログオンの手続き」の枠内
    「なし(N)」を選択

    「アドレス」タブをクリック



  7. 「詳細接続プロパティ」ダイアログの「アドレス」タブ

    ・「IP アドレス」の枠内
    「インターネット サービス プロバイダによる自動割り当て(P)」 を選択
    ・「DNS サーバー アドレス」の枠内
    ISPによるDNS(ドメインネームサービス)アドレスの自動割り当て(U)を選択

    →「OK」ボタンをクリックして「詳細接続プロパティ」ダイアログを閉じ「ステップ 1: インターネット アカウントの接続情報」ダイアログに戻る。


    →「次へ」をクリック


  8. 「ステップ 2: インターネット アカウントのログオン情報」ダイアログ

    ・「ユーザー名(U):」

    完了書に記載されている接続時のログイン名を入力
    例) user@mahoroba.ne.jp
     
    ・「パスワード(P):」
    完了書に記載されているパスワードを入力

    →「次へ」をクリック



  9. 「ステップ 3: コンピュータの設定」ダイアログ

    ・「接続名(C):」
    「まほろば」と入力(わかりやすい名前なら任意でも構いません)

    →「次へ」をクリック



  10. 「インターネット メール アカウントの設定」ダイアログは、「いいえ(O)」を選択

    →「次へ」をクリック



  11. 「インターネット接続ウィザードを終了します」ダイアログ

    ・「今すぐインターネットに接続するにはここを選び [完了] をクリックしてください(T)」のチェックを外す。

    「完了(F)」ボタンをクリックし、インターネット接続ウィザードを終了

     
2 ダイヤルアップネットワークおよび所在地設定の確認

  1. 「マイコンピュータ」の中の「ダイヤルアップネットワーク」フォルダを開きます。


  2. [まほろば]アイコンをマウスの右ボタンでクリックして、表示されたメニューから「プロパティ」を選択



  3. 表示された「全般」タブの確認

    「電話番号」の枠内(接続先の電話番号には、各アクセスポイントの電話番号を入力。ここでは奈良市AP番号です。)
    • 「市外局番(R)」→0742
    • 「電話番号(P)」→42-3201
    • 「国番号(U)」→日本(81)
    • 「国番号と市外局番を使う(S)」→チェック


    「接続の方法(N)」の枠内
    • ご使用のモデムやTAを選択



  4. 「サーバーの種類」タブ

    ・「ダイヤルアップ サーバーの種類(S):」
    「PPP: インターネット、Windows NT Server、Windows 98」を選択


    「詳細オプション:」の枠内のチェックはすべて外します
    ・「ネットワークへのログオン(L)」
    ・「ソフトウェア圧縮をする(C)」
    ・「暗号化パスワードを使う(E)」
    ・「データの暗号化を使用する(D)」
    ・「この接続のログ ファイルを記録する(R)」

    「使用できるネットワーク プロトコル:」の枠内は「TCP/IP(T)」のみチェック
    します
    ・「NetBEUI(N)」 チェックしない
    ・「IPX/SPX 互換(I)」 チェックしない
    ・「TCP/IP(T)」 チェック

     

    「OK」をクリック




  5. 「使用できるネットワーク プロトコル」枠内の「TCP/IP 設定(P)...」ボタンをクリックし、表示されたTCP/IP 設定」ダイアログを表示し、内容を確認

    ・「サーバーが割り当てた IP アドレス(S)」を選択

    ・「サーバーが割り当てたネームサーバアドレス(E)」を選択
     
    ・「IP ヘッダー圧縮を使う(C)」
    チェックする
    ・「リモート ネットワークでデフォルトのゲートウェイを使う(G)」
    チェックする

    →「OK」をクリックしてウィンドウを閉じ、[まほろば]ダイアログに戻りましたら「OK」ボタンをクリック




  6. 「ダイヤルアップネットワーク」[まほろば]をダブルクリック

    • 「ユーザー名(U)」→user@mahoroba.ne.jp
      (登録完了書の接続時のログイン名)

    • 「パスワード(P)」→********
      (登録完了書のパスワード)

    • 「電話番号(N)」→0742-42-3201
      (接続先の電話番号には、各アクセスポイントの電話番号を入力。ここでは奈良市AP番号です。)

    • 「ダイヤルのプロパティ(D)...」ボタンをクリックし「所在地情報」ダイアログを表示



  7. 「所在地情報」ダイアログ

    ・「登録名(D):」
    新規に所在地情報を作成していない場合は、デフォルトの「新しい場所」が表示されている。
    ※所在地情報を追加する場合は、「新規(N)...」ボタンをクリックして情報を追加。
    ・「国名/地域(Y):」
    日本 を選択
    ・「市外局番(C):」
    自分が現在いる場所の市外局番を入力
    ※所在地情報や市外局番の設定が違いますと、必要な市外局番が付加されなくなりますので間違い電話などの原因となります。

    「所在地からの通話」の枠内
    ・「外線発信番号:」
    0 発信など外線発信番号が必要な場合に設定
    ※ダイヤル先が市内の場合に必要となる番号を「市内通話」欄に、市外の場合に必要な番号を「市外通話」欄に入力します。
    ・「ダイヤル方法:」
    回線種別を選択
    ※プッシュ回線の場合「トーン(T)」、ダイヤル回線の場合「パルス(P)」を選択
    ※設定が違っていると"BUSY(話し中)"となります。

    →「OK」をクリック
3 インターネット接続方法

  1. 「ダイヤルアップネットワーク」フォルダの「まほろば」アイコンをダブルクリック。


  2. 表示されたダイアログで、パスワード、アカウント名を確認。

    • ユーザー名(U)→user@mahoroba.ne.jp
      (登録完了書の接続時ログイン名)

    • パスワード(P)→********
      (登録完了書のパスワード)




  3. 「接続(C)」ボタンをクリック。 「[まほろば] に接続中」というダイアログが消えて、「接続」ダイアログが表示されれば接続が完了しています。現在の状態を確認するには、タスクバーのインジケーターをクリックします。
     
4 接続の終了方法

  1. タスクバーのダイヤルアップネットワークのインジケータをダブルクリックし、タイムカウントしているダイアログを表示させます。

    「切断(C)」ボタンをクリックすると、接続を終了します。